13,2012 はちみつレモンゼリー【お菓子】 READ MORE

 14,2012 Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA【和菓子コラボ?】 READ MORE

 13,2012 一吉【もなか】 READ MORE

 04,2012 puccapucca【ドーナツ屋さん】 READ MORE

 21,2012 KUA`AINA(クア・アイナ) READ MORE

 06,2011 桃若龍【陶芸作品】 READ MORE

welcome-image-photo
佐藤くん、綾野くん、吉川さんのアクション、すごい!【各俳優ファンの方推奨。特に上記3名のファンの方には大推奨! 熱烈な原作ファンの方でも、多分過半数以上の方は大丈夫じゃないだろうかΨ(`∀´)Ψ】★「るろうに剣心」公式サイト毛筋の1本たりとも原作と違うことは許さん!という方には向きませんが、媒体変われば表現方法も変わるということを受け入れられるキャパの広めの原作ファンなら、まったく全然無問題な実写化ではな...
日ごろ、ゼリーを食べる機会はあまりないんですね。スプーンで食べるぷるんぷるんのデザート的なものも、オブラートで包まれたりしてるお菓子的なものも、そうそう食わない。でも、こないだたまたまスーパー(?)で見かけて気が向いて買ってみたりしました商品がっ!!!★光陽製菓 はちみつレモンゼリー なんだこれうまっv(≧▽≦)vいやもちろん、気合の入ったパティシエの作る上等なお菓子!というおいしさとは違うんだけど、気軽に...
ところで私、こないだ映画のハシゴした時に、初めてスタバで「おかわり」したんですよ。スタバで、ドリップ・コーヒーのおかわりが、その日のうちなら100円でできるってご存知でした???それも、その日のうちにレシート持っていったら、違う店舗でもおかわり可ってご存知でした?????私、つい最近まで知りませんでした(◎_◎;)スタバ、死ぬほど行くのに(^^;まあ、毎度ラテ系かマキアート系かカフェ・ミストばっか飲んでて、ド...
「一命」「逆転裁判」の次は「愛と誠」と聞いていたので、いったい今の時代にどーすんだ?と思っていたんですが、さすが三池監督、予想のナナメ上行ってますΨ(`∀´)Ψ★「愛と誠」公式サイトミュージカル仕立て&ギャグ風味かよっΣ( ̄□ ̄;;;)!!いや、普通にやるもんだと思っていたので、すんごい意表つかれた(笑)。気にしない人とかおもしろがっちゃう人はいいけど、往年のおじさまファンなんかは怒りそう~(^^;↑実際、なんか...
創業1803年という京都の老舗和菓子屋さん「亀屋良長」が20代の若いパティシエールとのコラボで新しく始めたお菓子のブランド。こないだ「まろん」を食べたんですが。 うまいよっq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p もともと亀屋良長さんは好きな和菓子屋さんでしたが、最近はこんなことも始められてたんだなぁ!日持ちは三日!(。-`ω´-)んーお取り寄せもできるようです。...
お持ち帰り、もしくはお取り寄せのみのもなか屋さん。谷町筋沿い、谷町六丁目と九丁目の間にあります。★「一吉」公式サイト梅型のもなかの皮と中のあんは、お持ち帰りの場合、詰めていない別々の状態になってます。食べる前に自分でいそいそ詰める(笑)。なので、皮がいつでもパリパリサクサクです(≧▽≦)bもちろん普通のつぶあんもあるんですが、メインは味噌あん。梅とかごぼうとかいちじくとか、いろんな味のバリエーションが...
以前書いた「Bird COFFEE」の近くにできてたかわいらしいドーナツ屋さんです。歩いてすぐですね。3分くらい?旭区、なぜか最近ぽつぽつとおしゃれなお店が増えとるなぁ(≧▽≦)vそれにしても、東京も大阪もドーナツ屋さんがあちこちに増えたこと増えたこと!■「puccapucca」公式サイト  「Bird COFFEE」のドーナツは、こう、文字では表現しにくいんですが「液体のように飲みこめる」ドーナツなんですね。↑噛むまではごく普通のふ...
もう泣いた泣いた(T△T)【「かいじゅうたちのいるところ」みたいな映画を好きな人には超推奨。「この映画泣けます!」的な感動の押し売りというわけではなく、とても真摯な映画です】★「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」公式サイトいったいなんのカンだったのか、CMかなにかでタイトル見た時に「Everything Is Illuminated(邦題:僕の大事なコレクション)」の作者の作品じゃないのか?」と思ったら、そのとおりで...
以前、大阪の「よこじ」のことを書きましたが、こちらはヨコジよりもっとハワイアンで肉々しいハンバーガー(笑)。「肉食ってまーすっ!」という気分になります。★KUA`AINA(クア・アイナ)でもほぼ赤身のため、しつこくなくサクサク食べられます。上等~!プレミアム~!という印象のヨコジより、すんごいアメリカンな感じですが、こちらはこちらでおいしいっす(≧▽≦)v最近は東京に行けば、ほぼ毎回一度は食べに行ってますな。...
ここ1~2年、意図して足を運んでいるわけでもないのによく見かけるユーモラスで迫力ある作品を作られる陶芸作家さんがいらっしゃいましてね。龍や、玄武や白虎、朱雀、九尾の狐なんかの神話の生き物を初め、くじらやサンショウウオやワニ、カバなどなどなど、いろんな生き物を作品として作られている方で、高場英二さんとおっしゃる方なんですが!これが、ここ数ヶ月は特に立て続けに偶然作品展に行き当たり、9月、11月と、まった...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。