スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MW-ムウ-【映画/ホクテンザの巻】

 09,2009 22:53
ある意味劇場自体がすでに見もの。

映画版「MWームウー」見納めに行ってまいりました。
梅田ブルクで終わった後、なぜか上映を開始した天六ホクテンザにです。

ホクテンザは、大阪にいまだに残る場末感満載の映画館(笑)。
まず、手描きの看板出るとこなんて、もうほとんどないでしょ。
ここはまだ出るんですねぇ。

MW手描き看板

すごいぞΨ(`∀´)Ψ


結城(玉木宏さん)も賀来(山田孝之くん)も、ラクダのようなまつ毛だ(笑)。
ちなみに、まだ賀来は似ている気もするけど、結城はずいぶん遠いなぁ(^^;


そして、毎日オールナイト。
入れ替えなし!
根性あれば、11時開始回から、最終の26時開始回まで、計7回すべて見続けることも可能です。

今どき入れ替えなしはめずらしく、私もできれば2回くらいは続けて見たかったんですが、さすがに時間がなくてね(^^;


しかし、なにが危険って、大々的に上がっている手描き看板の下の入口は、ホクテンザの入口ではなく、ポルノ映画館の入口なのです!
女子がのこのこ入っていくと、ものっすご怪訝な眼で見られますよ(笑)。

看板に向かって左手の路地を入ったところ。
建物の横側に目立たない入口があります。

ホクテンザ入り口

そこからエレベーターで5階に上がれば、ようやくホクテンザです。


私はホクテンザ2回目。
1回目は「ヘイヴン -堕ちた楽園- 」という映画を見に行ったのでした。

オーランド・ブルーム主演だったんですが、小作品すぎたのか、なぜか大阪ではホクテンザでしか上映がなかったんですな(^^;
こん時は、上映中いきなりフィルムがブラックアウトし(^^;(^^;(^^;
切れたのがまたちょうどラブシーンの場面で、上映再開したらすでに朝になっていたという(笑)。

それも、客がわざわざ言いに行くまで、劇場の人はフィルム切れていたのに気付かなかったのですよ!

ええ、そういう映画館(笑)。



長いので以下続く。



「MW-ムウ-」に関していうならば、画面が真っ白でした(^^;
明るくしすぎて全面的に色が白く飛んでる感じの色調になっていましたね。

監督ご自慢の、日本とタイの色調変化も、ほとんどわからない状態です。


もちろん、お金のかかり方は全然違うんですが、やはりオープニングの岡崎さんのシーンは、「NIGHT HEAD 劇場版」を彷彿とさせるなぁ!
あのぐるぐる回るカメラといい。
↑と、思っていたら、あの頃岩本監督はフジテレビにいたんですね!
なんか制作にかんでいたんだろうか?


見るのが何度目だろうと、ツッコミたいところは満載でしたが、完璧な出来の映画よりも、キャラや役者に魅力があって不完全な映画のほうがリピートはするんですよね。
なんのかんのいいつつ(笑)。
完璧な映画は、一回見ると満足・納得しちゃうものが多い気がしますな。


しかし、タイの市場で逃げるバイクの、トランクくくりつけてるヒモが、赤と黄色の2種類あるなんて、どんだけの観客が気がつくよ(^^;
ってか、そういう身代わり用意するような状況じゃなかったでしょう?
そのあたりのツジツマ合わせは、監督の中でどうなってるんだろう?
↑結城はいきなり通りすがりにあのバイク奪ってましたからね。
身代わりは用意できないっしょ。


まあ、とりあえず。
総括すれば、ドSで超ポジティブな結城と、ドMで超ネガティブな賀来の「愛はあっても理解はなかった」というお話でしたね(笑)。

なんのかんのと、2ヶ月楽しみました。
DVDすでに予約したぜっ!Ψ(`∀´)Ψ
再編集もなく、おまけも特典映像も期待できないみたいだけどなー(^^;


ホクテンザもついに9/11で上映終了です。
各所で売り切れてたパンフレットも売っていましたので、終わるまでに見に行きたい人は急ぐべし!

間違ってポルノ映画館に入らないでね(笑)。


【追記1】

いくら深夜までやっているといっても、慣れない女子は夜遅くにひとりで行っちゃダメですよ。


【追記2】

私も今回初めて気づいたんですが、劇場の裏に「アルション」がありました♪ 
大阪ミナミ界隈で有名な紅茶とケーキのお店の支店です。

お茶もケーキもおいしいので、観賞後の感想大会などに利用されるのはいかがか?
パンやソフトクリームもあります。どっちもうまい(≧▽≦)b 

ちなみに私も観賞後友人と行ってきましたが、隣に座っていたお嬢さん方が一生懸命「MW」について語っていましたわ(笑)。


【追記3】

「アルション」から地下鉄・天神橋筋六丁目の駅に向かう途中に、なんだか不思議な店を見つけました。
大漁旗とかかかってて、結構広めのオープンスペース。
なんというか、屋台のような、夜店のような?

「さんま塩焼き 1匹100円!」の手書き看板が強烈だったなぁ!(笑)

どんだけ安いんですか???Ψ(`∀´)Ψ

ちょっと大阪の街中にありそうにないお店でした。
写真撮ってくるの忘れたので、雰囲気が伝えづらいな(^^;

でも繁盛してたよ(*^_^*)
今度行ってみよう♪

しかし、実はいろんな店がある天六恐るべし(笑)。

あ、ちなみに、日本一長い商店街も駅のすぐ近くにあります♪
商店街もベタですよ?(笑)


★1回目に書いた「MWームウー」映画感想はこちら。


Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。