FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリア女王 世紀の愛【映画】

 27,2010 01:08
意外とみなさん、いい人だ(笑)。

【素直で王道な恋愛もの。コスプレもの、歴史もの好きな方、ロマンス好きな方推奨。隣でひとりで鑑賞してらしたおばさまが号泣しててびっくりした(^^;】


「ヴィクトリア女王 世紀の愛」公式サイト


普通、ヴィクトリア女王といえば、お歳を召したあとの厳めしい横顔のポートレイトが思い浮かびます。
切り裂きジャックに絡んで出てくることも多いのでね。
↑切り裂きジャック事件は1888年。長いヴィクトリア女王の統治下後期での出来事です。

切り裂きジャックものの、ジョニー・デップ主演「フロム・ヘル」に、実物にそっくりなヴィクトリア女王が出てきますよ(笑)。

この映画は原題「The Young Victoria」というだけあって、まだ10代~のヴィクトリアのお話です。

ネタバレという話でもないんだけど、一応以下ネタバレ。





10代の若いヴィクトリアが、伴侶となるアルバート公との出会いを経て、いろいろ政治的にも個人的にもつまづきながら、周りの策略や束縛から自立していく、というお話ですね。

若いヴィクトリアがなんだか新鮮です(笑)。


ともかく唯一の王位継承者のヴィクトリア。
浪費家で困ったちゃんのお母さんや、その愛人、お母さんと伯父であるイギリス国王との不仲や、お母さんの弟である叔父のベルギー国王の干渉や、国内でも首相であるメルバーン卿の影響やら、10代の頃からいろいろ悩みがつきません。
大事な身体だからと、階段ひとつ自分ひとりでは降ろしてもらえない束縛っぷり。

後に伴侶となるアルバート公も、最初はベルギーの叔父からの、姪への影響力を高めようと送られてきた政略的な婿候補でした。

が、紆余曲折経て、ふたりは周りの雑音や影響力から抜け出し自立をして、イギリスを共同統治していくわけです。


ヴィクトリアに大変高圧的で野心満々だったお母さんの愛人・コンロイも、ヴィクトリアに政治的に影響を与えた宰相のメルバーンも、実はもっと悪あがきや悪だくみをするのかと思っていたら、そうでもなく。
結構表舞台から去る時は、あっさりとものわかり良く退出していきますので、そこがちょっと意外でしたね。

特にメルバーンなんてポール・ベタニーさんがやってるので、もうなんか絶対に腹に一物持ってそうでね(笑)。


映像も衣装も豪華で、バッキンガム宮殿も宮廷も綺麗でしたが、すんごい波乱万丈・ドラマティック!という感じではないです。
とても王道感漂う、クラシカルな恋愛ものでした。

だって、一番の波風はアルバート公との夫婦喧嘩と、狙撃シーンじゃないか?(笑)


このアルバート公。
ルパート・フレンドが演じてるんですが。

しっかし彼はオーランド・ブルームにそっくりだね!

兄弟でもあんまりないくらい似てます。
双子できそうなくらい似てます。
ちなみに、知らずに見た人の中で、アルバート公はオーランド・ブルームだろうと思う人が何割か出てくるだろう勢いで似てます(^^;
笑うと特に似てる。
ほんとに血縁ないのか???


あんだけ似てると、強みより不利になりそうですが、彼にとってのラッキーは、オーランドが「パイレーツ~」以来、あまり仕事をしていないことでしょうね。

キーラ・ナイトレイと共演した「プライドと偏見」の時は、失礼ながら「オーランドに似てる若手。でも印象薄い」感しかなかったんですね。
で、経験積んで、しっかりした顔になってきて、より一層オーランドに似てきたという(^^;

いいのか悪いのかΨ(`∀´)Ψ


まあでも、今回のアルバート公、彼によく合っていました。


「ヴィクトリア朝」と聞いて大体の人がイメージする、あのホワイト・チャペルや胡散臭さ、ごった煮の繁栄と没落の兆候、切り裂きジャックやエレファント・マンといった世紀末っぽいものは、この映画には出てきません。
ほぼ宮廷内部のお話。
まあ、ちょっと石投げたりする貧民層は出てくるけど。


優雅なロマンスもの、でしょうな。
世紀の愛というには、妙にほのぼの(?)しているのは、アルバート公の癒し系キャラのせいか?(笑)


豪華に胸キュン(笑)したい人にはお薦め!


【追記1】

ベルギー国王自体はあまりかしこい役じゃないんですが、その副官というか、執事というか、相談役のようなじいさまがかっこいい役でしたよ(笑)。


【追記2】

以前、ロンドンに行った時にバッキンガム宮殿に入ったことがあります。
たまたま秋の期間限定公開シーズンで入れたんですが。

確かその前に、すんごい並んで大阪での「フェルメール展」見に行ったのに、バッキンガムの壁にはひょろ~っと当たり前にフェルメールが掛っていたのを覚えています(^^;

記憶よりも、映画でのバッキンガム宮殿内部は黄色がかった暖色系に映されていました。
蝋燭の照明のような感じの。
私が入った時は昼間で、もっとくっきりした明るい色合いだったな~Ψ(`∀´)Ψ


Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。