FC2ブログ

KIDS

 31,2009 23:01
KIDS 通常版 [DVD]KIDS 通常版 [DVD]
(2008/08/08)
小池徹平玉木宏

商品詳細を見る


【原作ファンにはちと微妙。役者ファンにはお薦め。全体の完成度は高いとはいいがたく、でもなんとなくひっかかるものが残る映画だったなぁ】

さて、一年ちょい前に見たこの映画を何故思い出したかというと、
これです↓

「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」

6月に公開される、ジョシュ・ハートネット、イ・ビョンホン、木村拓哉共演のフランス映画。
公開が近づいていますので、最近よく宣伝やニュースで見るんですな。
で、そんなことからちょっとだけ知った内容が、木村さん演じるシタオの設定。
「傷を癒すことができる能力がある」
「ただ癒すのではなく、他人の傷を自分に引き受けて治す」。
まんま「KIDS」のアサトなんだもんさ(^^;

脚本は監督のオリジナルらしいですけどね。

まあ、キャラの全体像まで似ているのかは見てみないとわからないですが、さて?
↑話の内容は似ようがないから。

「KIDS」は、もともと乙一さん「きみにしか聞こえない―CALLING YOU」に収録されている短編です。

原作の主人公アサトとタケオは小学生。
それを玉木さんと小池くんでやる事自体に大変無理のある映画でしたが(^^;
主人公の年齢が上がった分、原作ではちょっとビターなお姉さん役であるシホ(映画は栗山千明ちゃん)が、恋愛対象に変更されていたりしてるわりには、脚本がこなれていない印象でした。

一言で言うと、なんというか、もったいない映画でしたかね。
メイン三人の顔面偏差値はオニ高いので目の保養にはなるんですが(笑)。
まあ、そんなことは関係なくても、役者の演技や話のネタそのものはよかったんですよねぇ。
私はこの映画で初めてまともに演じている小池くんを見たわけですが、予想外によかったですからね。
なのに、編集と演出と音楽がダメダメで\(`´メ)/

保護観察官を演じる泉谷しげるさんはすごい味があって、アサトのお母さん演じる斉藤由貴さんもにじみ出てくる怖さというかどこか狂気を感じさせるあたりが、すごいよかったんですけどねぇ。

素材がいいのに料理人が駄目だった感じ?(^^;
ああ、もったいなかった!(T△T)

ちなみに「KIDS」は、映画館でたまたま見た予告が、ものすごく「NIGHT HEAD」を彷佛とさせたので見に行きました。
話はほとんど似通ったところはありませんでしたが、メイン3人はとっても「NIGHT HEAD」が似合いそうだった(笑)。

「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」の監督の過去の作品は、「青いパパイヤの香り」だけ見たことがありました。
結構前のことで、今はなき単館映画館で見たんですよね。
非常に映像がクリアで綺麗だったことや、お屋敷でご奉公する主人公の女の子の印象的な瞳は覚えています。けだるいように静かな映画でした。

でも実は、女の子が地道に奉公して、成長して幸せになる……って話だっけ?
というくらいしか、話の内容を覚えていない。
今度見直してみよう(^^;

Comment 0

Latest Posts