FC2ブログ

KEZAKO(ケザコ)

 17,2009 22:30
京都東山にあるフレンチです。

KEZAKO(ケザコ) 
12:00~13:30、18:00~21:30
TEL:075-533-6801
京都府京都市東山区祇園町南側570-261
水曜定休。ランチコースで4000円弱~6000円弱。


シェフのステファン・パンテルさんは、リッツ・カールトン大阪の「ラ・ベ」の2代目シェフだったデヴィッド・セニアさんのお友達で、彼に誘われて日本に来たんだとか。
最後のお見送りに出てきてくださった時に、ちょこっとだけお話ししたんですが、日本語も達者で、お話の楽しい方でした。

カウンターのあるお店が作りたかったということで、このお店の1階はカウンター席メイン。2階は個室になってました。
今回は残念ながら個室だったんですが、今度はカウンターで食べてみたいですね。
2回目行ってみようと思うくらいにはおいしかったさ!(*^_^*)

器に、えらく凝ってるお店でした。
特にシャンパングラスに、不思議な捻りが入っていたなぁ。
下のほうが三角ぽく、飲み口のほうにいくと四角っぽい。
途中ねじれているから、真上から見るとなんだか不思議な具合に。
透明なんで、写真に撮ってみても、あんまりよくわからなかったんですよね。

普通のフレンチを考えていくと、ちょっと驚かされます。
なんせ、スペシャリテというか、名物皿が「フォアグラの奈良漬巻き」らしいですからね。
今回、私が食べたランチコースには入っていなかったんですが、夜はもれなくついてくる感じなのかな?
火の入ってないフォアグラ苦手なんだけど、まあ食べられないわけじゃないから、次回食してみましょう(^_^;


具材やソースにくだものがよく使われていて、酸味のきいたポーションが多かったですね。
素材にも、盛り付けにも、シェフがこだわってるのは十分感じられます。
結構チャレンジャーな皿もあった(笑)。
ちゃんとおいしいんだけど。
私は酸味のきいた料理好きなので、まったく無問題でした。

あ、酸味といってもなにもかも酢っぱいわけではありませんので、ご心配なく。
行ったのが5月後半だったからかもしれないしね。
冬とかになれば、また変わるのかも。

実は、少し前のネットの評判なんかで、料理はともかく、スタッフの質が悪いとちらほら書かれていたので、ちょっと心配してたんです。
が、少なくとも私が行った時には不愉快な思いなどはまったくしませんでした。
予約電話の受け方も丁寧だったし、サーブしてくれた女性も、おっとりとした丁寧な人だった。

そこそこの値段を取る料理店は、やはりそこそこのサービスを提供するべきだと、私は思います。
おいしくても、スタッフの態度の悪いとこには、二回目行かないもんね。
おいしい店は、他にもあるわけだし。

どんな態度取られても食べたいくらいおいしい料理を出してくれたら、まあ、それはそれでいいかとも思うが、まずそんな料理にはほとんど当たらねぇ(^^;
安くても高くても、おいしい店ほど、サービスの最低ラインもそこそこ高いもんです。

人間の味覚なんて主観的なものだから、不愉快な思いをしたら、感じる味まで落ちちゃうしね。

というわけで、ケザコには今度涼しくなった頃にまたリピートしてみようと思っています。

で、めずらしく、個室だったんでいくらか撮ってきた写真を公開♪

ケザコ「前菜1」
生ハムとアスパラ。立派なアスパラでした(≧▽≦) ソースは酸っぱめの柑橘系。

ケザコ『スープ』
右にあるのが魚のフリッターみたいなの。
これをスープにつけながら食べるんです。

ケザコ「魚料理」
魚。スープがおいしかった。

ケザコ『デザート』
ガラスの皿の四つ足が、表からそのまま四角い棒をうにーっと突き刺して押し出したような。
これも変わった器でした。

仕事で何度も撮影に立ち会いましたが、食べ物の写真を撮るのはプロでも難しいんです(^^;
不味そうに見えて、営業妨害にならないように願います(^^;(^^;(^^;


Comment 0

Latest Posts